2008年03月24日

大谷能生talking about 大橋可也&ダンサーズ

大谷さんイメージ

サックスプレイヤーにして音楽批評家の大谷能生さんに、大橋可也&ダンサーズの公演「明晰の鎖」について語ってもらいました。ステージ後方の搬入口を開け放った斬新な舞台空間(向こうを行き交う人の姿がみえる)を、映画の空間と比べるという斬新な観点、、、なるほど。(2/15、大谷家にて収録)



大橋可也&ダンサーズ
posted by レビューハウスラジオ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(2) | ラジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90795751

この記事へのトラックバック

「明晰の鎖」音声レビュー
Excerpt: 大谷能生 talking about 大橋可也&ダンサーズが公開されています。 ちなみに、上演時には搬入口の外の音をマイクで拾って増幅させていました。...
Weblog: dancehardcore.com ハードコアダンス
Tracked: 2008-03-31 23:40

大橋可也&ダンサーズ「明晰の鎖」
Excerpt: ◎消費社会と明晰さへの抵抗 慎重かつ根底的なアプローチで  竹重伸一(舞踊批評)  1980年代以降日本の社会は資本主義の消費文化に全面的に支配されるようになったわけだが、実は消費社会が一番抑..
Weblog: wonderland
Tracked: 2008-05-30 09:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。